展示案内

有元利夫の世界

会期 2024年6月8日(土) 〜 7月7日(日)
   


蒼い風<リトグラフ> 1981年 鑑定付 自筆サイン

今回の企画展は、当画廊でも個展は初めての有元利夫の展覧会です。
若くしてこの世を去ったこともあり、非常に作品数が少なく今回は24点と見ごたえのある企画展となっております。
是非とも、多くの方にご高覧いただきたくご案内申し上げます。

有元利夫
1946年岡山県生まれ、洋画でも日本画でもない幻想的な世界を切り開いた画家として一世を風靡した。
1969年東京芸大デザイン科入学、在学中に訪れたイタリアで出会ったフレスコ画に魅了され、その意匠に岩絵具や金箔などを取り入れて独自の表現へと落とし込み、38歳という若さでこの世を去った天才画家。
彼が日本の洋画界に残した功績は計り知れません。
そして今なお人々を魅了し続けている。

出品作品

  • 赤い部屋(リトグラフ)1980年 鑑定付 自筆サイン EA/50 
  • 雲のアルルカン(木版)1982年 自筆サイン 144/192
  • 8人のアルルカン(銅版)1983年 自筆サイン 32/66
  • 蒼い風(リトグラフ) 1981年 鑑定付 自筆サイン
    他20余点

8人のアルルカン(銅版)1983年 自筆サイン 32/66

雲のアルルカン(木版)1982年 自筆サイン 144/192