展示案内

Miro・ Picasso ・ Chagall ミロ ・ピカソ・シャガール 版画展

会期 2020年5月16日(土) 〜 6月21日(日)
   


ミロは、ピカソ・ダリと並んでスペインが生んだ抽象画の巨匠である。
≪太陽 ・ 星 ・ 月 ・ 女 ・ 鳥≫などをモチーフとし、子供のような自由奔放で
ユニークな線描と。鮮やかな色彩を特徴としている。
・『エジプト逃行』 86/115 1985年 銅版

ピカソは,スペインのマラガに生まれる。画家でありながら
彫刻、陶芸、版画、舞台装置、タピストリーといった幅広い分野で活躍し
どの分野でも第一人者と呼ぶにふさわしい高い質と独創性に富んだ作品を残した
92才で亡くなる最後まで描き続け、20世紀が生んだ最大の天才画家として
絵画史上に君臨している。
・『サルタンバンク』 女の顔 1905年 銅版

シャガールは、1887年ロシアの貧しいユダヤ人の家庭に生まれ、1985年に
亡くなる98年間の生涯で、約2.000点の版画を制作したと言われている。
≪浮遊する人物・火の鳥 ・花束 ・恋人達≫などをモチーフとし、明るい
色彩と幻想的作風が有名である。
・『サーカスの女』 82/150 1960年 ボショワール

20世紀を代表する3人の巨匠による、見ごたえのある作品展です。
芸術、文化を愛する気持ちは、私達に心の安らぎを誘います。
少しでも、この今の現状を穏やかな心の喜び、嬉しさへと変えることが
出来るものであれば、些細なことではございますが、この度営業を決定
させて頂き、ご案内申し上げます。