展示案内

ちょっと素敵なお宝展

会期 2019年7月6日(土) 〜 7月28日(日)
   

山下庸介 マンダラと花々

 今回は、当画廊所蔵の貴重なお宝作品や 取り扱い作家、又は初めて取り扱う作家などの作品を合わせて50余点を展示致します。

<油彩・日本画・水彩・版画・藍染>と手法も様々ですが、今回 初めてご紹介させて頂く山下庸介さんの藍染作品は、伝統的な本藍染で濃淡に染め上げた布生地にシルクスクリーン手法でインクをのせ、マンダラや花鳥風月を描画する とても斬新なアイディアで制作している。
本展で出品している作品は、徳島の本染矢野工場で学んだ伝統技法『天然灰汁発酵建て』(化学薬品を一切使わず、藍草を発酵させて作るすくも という染料や、天然素材のみを使って発酵させた染液で一点一点手で染め上げた物である。

更に、久しぶりの出展となる 銅版画家の平尾広美さんの新作6点も出品致します。繊細で緻密な技法で草花をシルクのように滑らかに美しく描いている。


 【 出品作品 】

・山下庸介・・・『マンダラと花々』藍染+シルクスクリーン
・成田禎介・・・『ひまわり』リトグラフ
・中川一政・・・『向日葵』リトグラフ

 他、浜口陽三、山本容子、シャガール、ビュッフェ、アイズピリなど内外有名作家20余名による、賑やかで楽しい展示会となります。是非、自分だけの”素敵なお宝”を探してみてはいかがですか。